【コインチェック】レンディングで”貸出申請中が長い”原因と対策方法。

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

Coincheckの貸暗号資産サービスに申し込んだけと、貸出申請中がながくて困っていませんか?

待っていても、貸出は始まらないかもしれません。

申請中のままだと、報酬はもらえないので機会損失ですよね。

そこで当記事では、貸出申請中が長い原因や具体的な解決策を、わかりやすく解説していますよ。

待つのに疲れたあなたのために、他社のレンディングサービスについても記載しています。

当記事を読んで、さくっとレンディング報酬をもらいましょう。

\ほったからしで利息8〜10%/

銀行預金の5000倍の利息。複利の力で資産が増やせる。

少額からはじめられるので初心者も安心ですね。

【無料】登録はたった5分。

>>>おすすめのレンディング専門サービスにすぐに移動する。

目次

コインチェックのレンディング(貸暗号資産)とは。

Coincheckの貸暗号資産サービスは、あなたの持っているBTCビットコインETHイーサリアムなどの暗号資産を貸し出して、利息を得るサービスです。

Coincheckのアカウントがあれば、通貨を選んで申請するだけでOK。

ミタマ

仮想通貨の定期預金みたいなイメージ。

貸暗号資産サービスの特徴
  • Coincheckで取り扱いがある全ての通貨が対象。※1
  • ロック期間は14~365日間。
  • 年利は1~5%。
  • 手数料不要。

※1:時期によっては申し込めない通貨もあります。詳しくは公式HPで確認してくださいね。

チャート分析や細かい売買は不要の、預けるだけで不労所得ができる仕組みですね。

\【無料】登録はわずか10分/

【公式】ホームページ

承認されない理由や原因。

挿絵

承認されない理由・原因は、「募集枠をオーバーしている」からです。

Coincheckの貸暗号資産サービスは、暗号資産・期間ごとに募集の上限が設定してあるんです。

貸出を募集している暗号資産ごと、借入期間ごとに、当社の借入総額には上限があります。
そのため、貸出申請いただいた暗号資産・期間において、当社の借入上限に達している場合、お客様に貸出申請をいただいても、貸出の承認をお待ちいただいております。

Coincheck公式|貸出申請をしていますが、いつ承認されますか
ミタマ

「募集枠がもうないから、ちょっと待ってね」って状況ですね。

結果として人気の仮想通貨や年率には、申込みが集まりやすく、承認されない状態となっています。

承認されないときの対策方法。

挿絵
ミタマ

個人的には他社のレンディングサービスがおすすめ
ぼくも使っていますよ。

Coincheckの貸暗号資産サービスは、他社に比べ低年率だし、申請待ちで疲れちゃうからね。

年率下げて申し込む。

待っていても利息はつかないので、それなら年率を下げて申し込むのもアリ。

年率3%以上は特に人気で、何日も画面を確認しましたが、貸出受付すらされていませんね。

レンディング

年利2%で100万円のBTCを30日預けても、1,644円にしかなりませんね。

リスクとリターンがあわない!

返却後の承認待ちが発生することを考えると、実際の年利は2%を切りそうですね。

利息が発生しないよりはマシと思って、年率を下げて申し込む。

もしくは、高年率のレンディング専用サービスを使ったほうが良さそうですね。

募集枠が空くを待つ。

オススメはしませんが、気長に募集枠が空くのを待つのも一つの手。

仕組み上は枠が空けば、先着順でエントリーできるようになっていますよ。

借入可能枠ができた場合の借入承認は、貸出期間ごとの申請順(先着順)となります。

Coincheck公式|貸出申請をしていますが、いつ承認されますか

こまめに募集枠が空いてないか確認していますが、年利5%が募集しているのを見たことはないですね。

\【無料】登録はわずか10分/

【公式】ホームページ

他社のレンディング専門サービスに申し込む。

「時間効率・高年利」を重視するなら、他社のレンディング専用サービスに申し込むのが最適解と言えます。

レンディング専用サービスは、着金後すぐにレンディングが開始されることが多く、承認待ちはありませんよ。

ミタマ

年利はCoincheckの倍近い8〜12%

脅威の高年率の仕組みを、次の章でわかりやすく解説していきますね。

\最大年率10%/

登録はわずか5分

レンディング専門サービスと仮想通貨取引所の違い。

挿絵

仮想通貨取引所と違い、「通貨の購入・売却・積立」はできません。

そのかわりに、レンディングサービスに特化しているので、報酬は10%前後と高めです。

他にも途中で解約できたりとメリットいろいろ。

Coincheckレンディング専用サービス
年利最大5%8〜12%
送金手数料なしあり。
解約手数料なし。業者によってあり。
途中解約できない最短で1ヶ月〜可能。
※:満期の場合。途中で解約はできません。

注意点はレンディング専用サービス内で、仮想通貨を購入できません。

仮想通貨取引所から、送金する必要がありますよ。

ミタマ

Coincheckから送金するのは簡単なので、それほど面倒ではありませんよ。

Coincheckからレンディングサービスへ送金する方法は、後述しますね。

オススメのレンディングサービスは?

挿絵

以下の2社のレンディングサービスがおすすめですよ。

実際ぼくも放置でレンディング報酬もらってますよ。

挿絵
ミタマ

登録も簡単で5分もあれば十分ですよ。

どっちがいいかと言われると、確定申告が簡単なBitLendingが個人的におすすめですね。

早見表
R:レギュラー
P:プレミアム
年率8〜10%(※1)10%(R)
12%(P)
複利
運用
自動自動
対応
通貨
BTC,ETH,XRP,USDT,USDC,DAIBBTC,ETH,ADA,XRP,USDT,USDC
ロック
期間
1ヶ月1ヶ月(R)
1年(P)
最小
枚数
0.01BTC
0.1ETH
0.01BTC(R)
0.1ETH(R)
0.16BTC(P)
2.25ETH(P)

確定
申告
カンタン

連携あり
たいへん

連携なし
国内
サービス
拠点:東京拠点:東京
返還
日数
翌日から7営業日以内翌月末から10営業日以内。
セキュリティ2段階認証あり2段階認証あり
出金
手数料
4回/年は無料BTC:0.0008
ETH:0.00625
詳細はこちら
口コミ数ありほとんどなし。
貸出
開始
着金した翌日送付が確認された時点
オススメ
公式
HP
※1:2023/10時点。

確定申告が簡単なBitLending。

高年率でガッツリ報酬をゲットするならPBRレンディングですね。

ミタマ

どちらもすぐに貸出が始めるので、Coincheckみたいに機会損失がないですよ。

くわしい内容は「BitLendingとPBRレンディングを徹底比較。オススメはこっち。」で詳しく解説しています。

>>>BitLendingの始め方へ移動する。

>>>PBRレンディングの始め方へ移動する。

BitLendingとは。

挿絵

日本国内の企業の株式会社J-CAMが運営する、レンディングサービス。

年利は8〜10%で、Coincheckの約2倍の利息がもらえますよ。

年利(最大)
BitLending10%
Coincheck5%
GMOコイン3%
メガバンク0.002%
※コインチェック・GMOコインは貸出期間1年の場合。

メリット・デメリットをサクッと解説しますね。

BitLendingのデメリット・注意点。

デメリット・注意点は以下の2つ。

送金手数料が必要。

Coincheckでビットコインを送金する場合、0.0005BTCが必要になります。

執筆時点で約5千円…。

ミタマ

送金回数が増えると手数料負けするので、注意が必要です。

対策としては、こまめに送金せずにまとめて送金して、手数料を抑えましょう。

分散管理対象外。

Coincheckが破綻すると資産が返ってこない可能性が高いです。

分別管理とは。

分別管理とは、証券会社や暗号資産交換業の資金と、投資家の資金を分けて管理させる義務付けのこと。

金融庁に登録している暗号資産交換業(仮想通貨取引所)は、顧客の資産と自社の資産を分けて管理するように義務付けされています。

暗号資産交換業者は、その行う暗号資産交換業に関して、暗号資産交換業の利用者の金銭を、自己の金銭と分別して管理し、内閣府令で定めるところにより、信託会社等に信託しなければならない。

資金決済法「第六十三条の十一 利用者財産の管理」より

資金を別のところで管理しているので、運営会社が破綻しても投資家の資産が守られるんですね。

レンディング専門サービスは仮想通貨取引所みたいに、仮想通貨交換業ではないので、法律の適応外なんです。

でも実はCoincheckの貸暗号資産サービスも分別管理対象外なんです。

Coincheck 貸暗号資産
Coincheck 貸暗号資産②

引用元:Coincheck貸暗号資産サービス。

ミタマ

つまりリスクはCoincheck・BitLendingでかわらないんですね。

レンディング専用サービスで資金がどのように保管されているかは、ユーザー側では分かりません。

Coincheck・BitLendingどちらで運用するにしても、「最悪無くなってもいいかも」ってレベルで投資をするほうがよさそうですね

\最大年率10%/

登録はわずか5分

BitLendingのメリット。

【国内最高峰】年利がなんと8〜10%!

以下の通貨なら、年利8〜10%で運用できますよ。

主要通貨のBTC・ETHも対象なので、ほとんどの人がレンディングできますね。

bitlending 利率

Coincheckにはないステーブルコイン(USDT・USDC)が運用できるのも魅力ですね。

承認待ちなし。レンディングがスムーズ。

BitLendingでは、承認待ちの概念はありません。

申請して仮想通貨を送金すれば、“すぐに”レンディングが開始されますよ。

賃借料

よくある質問|FAQ

Coincheckで承認待ちするくらいなら、時間を有効活用して資産を増やしましょう。

>>>PBRレンディングについて見てみる。

BitLendingの始め方・やり方。

BitLendingはたったの4STEPあれば、始めることができますよ。

ミタマ

10分あればできるよ。

  • BitLendingビットレンディングに無料登録する。
  • Bit Lendingビットレンディングで貸出申請する。
  • Coincheckから仮想通貨を送金する。
  • レンディング(貸出)開始。

毎月レンディング報酬もらえるのですが、「残高が増えていく感覚」は、やみつきにまりますよ。

具体的な手順は、「CoincheckからBitLending(ビットレンディング)に送金する方法。」で詳しく解説しています。

\最大年率10%/

登録はわずか5分

BitLendingの返還方法・やめ方。

BitLendingは、返還も簡単なので安心です。

方法は簡単で、5分あれば申請できますよ。

  1. 返還申請
  2. BItLendingで事務手続き。
  3. 受理した翌日から、7日以内に着金。
ビットレンディング 返還請求

詳しい方法は「【ビットレンディング】返還申請・解約(退会)する方法を完全解説。」で解説しています。

PBRレンディングとは。

挿絵

日本国内の企業のPortobelloRoad株式会社が運営する、レンディングサービス。

年利は10〜12%なので、Coincheckの約2倍以上の利息がもらえますよ。

年利(最大)
PBRレンディング12
Coincheck5%
GMOコイン3%
メガバンク0.002%
※コインチェック・GMOコインは貸出期間1年の場合。

他社と大きく違うのは、2プランから選べる点。

レンディング プラン

メリット・デメリットをサクッと解説しますね。

PBRレンディングのデメリット・注意点。

送金手数料が必要。

Coincheckでビットコインを送金する場合、0.0005BTCが必要になります。

執筆時点で約5千円…。

ミタマ

送金回数が増えると手数料負けするので、注意が必要です。

対策としては、こまめに送金せずにまとめて送金して、手数料を抑えましょう。

分散管理対象外。

レンディング専門サービスを運営している会社は分別管理の適応外。

そのため、破綻すると資産が返ってこない可能性が高いです。

分別管理とは。

分別管理とは、証券会社や暗号資産交換業の資金と、投資家の資金を分けて管理させる義務付けのこと。

金融庁に登録している暗号資産交換業(仮想通貨取引所)は、顧客の資産と自社の資産を分けて管理するように義務付けされています。

暗号資産交換業者は、その行う暗号資産交換業に関して、暗号資産交換業の利用者の金銭を、自己の金銭と分別して管理し、内閣府令で定めるところにより、信託会社等に信託しなければならない。

資金決済法「第六十三条の十一 利用者財産の管理」より

資金を別のところで管理しているので、運営会社が破綻しても投資家の資産が守られるんですね。

レンディング専門サービスは仮想通貨取引所みたいに、仮想通貨交換業ではないので、法律の適応外なんです。

でも実はCoincheckの貸暗号資産サービスも分別管理対象外なんです。

Coincheck 貸暗号資産
Coincheck 貸暗号資産②

引用元:Coincheck貸暗号資産サービス。

ミタマ

つまりCoincheck・PBRレンディングでかリスクは変わらいないんですね。

レンディング専用サービスで資金がどのように保管されているかは、ユーザー側では分かりません。

なので「最悪無くなってもいいかも」ってレベルで投資をするほうがよさそうですね

【今だけ⁉】年利が下がるかも。

PBRレンディングが高年利な理由は、新規ユーザー獲得の集客だからです。

一定数のユーザーが獲得できると、年利が下がる可能性がりますよ。

PBRレンディング 高利回りの理由。

引用元:PBRレンディング

ミタマ

ボーナスタイムを、見逃すのはもったいない!

年利が下がる前に、PBRレンディングで先行者利益をもらいましょう。

\最大年率12%。サクッと増やしたいなら/

登録はわずか10分

PBRレンディングのメリット。

選べる2プラン。

ロック期間や資金に応じて、2つのプランから選べますよ。

条件が合えば、最大年率12%で仮想通貨が運用できます。

仕様表

年利「2%でがっつりレンディング報酬をもらう方法は「PBRLending|通常・プレミアムレンディングの違は?徹底解説。」で解説しています。

承認待ちなし。レンディングがスムーズ。

BPBRレンディングでは、承認待ちの概念はありません。

申請して仮想通貨を送金すれば、”すぐに”レンディングが開始されますよ。

承認待ちでモヤモヤしなくて済む。

Coincheckで承認待ちするくらいなら、時間を有効活用して資産を増やしましょう。

\最大年率12%。サクッと増やしたいなら/

登録はわずか10分

PBRレンディングの始め方・やり方。

PBRレンディングは、たったの4STEPで始めることができますよ。

  • BitLendingビットレンディングに無料登録する。
  • Bit Lendingビットレンディングで貸出申請する。
  • Coincheckから仮想通貨を送金する。
  • レンディング(貸出)開始。

PBRレンディング着金後、すぐにレンディングが開始されるで、「いつ承認されるかな?」って不安に思う日強はありません。

ミタマ

あとはレンディング報酬を寝て待つだけ。

詳しい登録方法は「CoincheckからPBRレンディングに送金する方法。」で解説しています。

\最大年率12%。サクッと増やしたいなら/

登録はわずか10分

>>>「オススメのレンディングサービスは?」に戻る。

PBRレンディングの返還方法・やめ方。

PBRレンディングの返還は5分もあれば簡単ですよ。

手順もとってもシンプル。

  • PBRレンディングにログインする。
  • 返還請求する。
PBRレンディング 返還申請②

詳しい返還方法は「【PBRディング】返還申請・解約(退会)する方法を完全解説。」で解説しています。

>>>「PBRレンディングの始め方・やり方」に戻る。

>>>「オススメのレンディングサービスは?」に戻る。

コインチェックの貸暗号資産の始め方・やり方。

挿絵
  • Coincheckで口座開設する。
  • 仮想通貨を購入する。
  • PC・スマホから貸暗号資産サービスに申し込む。
Coincheck 貸暗号資産 手順③

具体的な方法は「【最大5%】Coincheckの貸暗資産(レンディング)のやり方を徹底解説。」で詳しく解説しています。

\【無料】登録はわずか10分/

【公式】ホームページ

>>>「オススメのレンディングサービスは?」に戻る。

まとめ。

挿絵

承認されない理由・原因は、「募集枠をオーバーしている」から。

暗号資産・期間ごとに募集の上限が設定してあるんですね。

対策方法は、以下の3つ。

Coincheckの貸暗号資産サービスは、他社に比べ低年率だし、申請待ちがながいなら他社でレンディングするのもアリ。

ミタマ

個人的には他社のレンディングサービスがおすすめ
ぼくも使っていますよ。

おすすめは以下の2社。

実際ぼくも放置でレンディング報酬もらってますよ。

挿絵
ミタマ

登録も簡単で5分もあれば十分ですよ。

どっちがいいかと言われると、確定申告が簡単なBitLendingが個人的におすすめですね。

早見表
R:レギュラー
P:プレミアム
年率8〜10%(※1)10%(R)
12%(P)
複利
運用
自動自動
対応
通貨
BTC,ETH,XRP,USDT,USDC,DAIBBTC,ETH,ADA,XRP,USDT,USDC
ロック
期間
1ヶ月1ヶ月(R)
1年(P)
最小
枚数
0.01BTC
0.1ETH
0.01BTC(R)
0.1ETH(R)
0.16BTC(P)
2.25ETH(P)

確定
申告
カンタン

連携あり
たいへん

連携なし
国内
サービス
拠点:東京拠点:東京
返還
日数
翌日から7営業日以内翌月末から10営業日以内。
セキュリティ2段階認証あり2段階認証あり
出金
手数料
4回/年は無料BTC:0.0008
ETH:0.00625
詳細はこちら
口コミ数ありほとんどなし。
貸出
開始
着金した翌日送付が確認された時点
オススメ
公式
HP
※1:2023/10時点。

確定申告が簡単なBitLending。

高年率でガッツリ報酬をゲットするならPBRレンディングですね。

ミタマ

どちらもすぐに貸出が始めるので、Coincheckみたいに機会損失がないですよ。

くわしい内容は「BitLendingとPBRレンディングを徹底比較。オススメはこっち。」で詳しく解説しています。

\最大年率10%/

登録はわずか5分

>>>BitLendingの始め方へ移動する。

よくある質問。

挿絵
coincheckのレンディングの最低利率(年率)は?

最低年利は1%です。

Coincheckのレンディングのやり方は?

Coincheckのレンディングは、たった3STEPで簡単にできますよ。

  • Coincheckで口座開設する。
  • 仮想通貨を購入する。
  • PC・スマホから貸暗号資産サービスに申し込む。

具体的な方法は、「【最大5%】Coincheckの貸暗号資産(レンディング)のやり方を徹底解説」で詳しく解説しています。

貸出はアプリで可能ですか?

スマホアプリから、貸出しはできませんよ。

ですがスマホブラウザ(Safari・Chrome)などから、貸出すことが可能です。

アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次